さかのぼると…。

[ブログを書いている時に、ブログにアクセスしても、新しい投稿は読めません。失笑]

–                         –                         –                         –                         –                         –

『唯一無二の神』の『魂』がはいっている「人」が、どうして積極的な行動的な部分が普通以下になってしまったのか。

もともと『唯一無二の神』は、自分の事は自分でやるタイプでした。

しかしながら「ぜひ私(達)にやらせて下さい。」「神様がやる事ではありません。」等々と…『唯一無二の神』が断ると「私(達)の事が信じられないのですか。」などの返答がかえってくる。

仕方がなく任せると、綺麗な言葉や真面目な言葉や優しさに付け込むような言葉、または「国のため」等々と言うんですよ。もう『唯一無二の神』を使っていたに等しい。

こんなことが、ずっと長く続いていて、結果的に『唯一無二の神』の人生が悪い方向へと変わってしまった。現世では金銭面で苦しく女とは無縁の散々な人生だ。

あくまでも日本国の場合になるが、『唯一無二の神』にとって現世前から長く続くこの最悪な状態になった原因であり、一番最初に邪魔をしてきた存在だったのは日本の官僚(達)だ。これが現在では政治家やメディア関係者や芸能人や一般人に大きく広まり、こいつらは持ちつ持たれつの関係でもあれば、罪の擦り付け合いをやっている関係でもある。もう完全に民主化を私利私欲目的で武器にしている。しかも『唯一無二の神』に対してだ。

当たり前の事を書いておくが、例えば戦争で細菌兵器を使用してはいけない国際的ルールがある。逆に拳銃やミサイルの使用は許されている。だからといって、その許された拳銃の矛先を自分に向けられたら又は自分に撃ってきたら誰だって怒るよ。使用を許されている事を理由に怒らない人達がオカシイ。

女を武器にするとか、弱さを武器にするとか、言葉を武器にするとか、民主化を武器にするとか、これらも全て同じだ。武器を向けられたら、それがどんな武器であっても、私は内心怒り現世中または現世後での復讐を考える。

『唯一無二の神』を大きな意味で利用しだしたのは、国でいうとアメリカだろう。そして何時からか韓国も大きく絡んでいる。

この現世にも当然、モラル、ルール、法律、そして現世前の『唯一無二の神』の言葉もあれば、正常ではない状態になっている時に、愚かな奴等が誘導し導き出した言葉もある。

いろいろとあるんだろうが、『唯一無二の神』がこの現世を終えてからは、そんなものは一切通用しない。

誰かさんから、この現世で恩赦を得たアメリカ人だろうと日本人だろうと何人であろうと誰であろうと、そんな恩赦など現世後には役に立たない。そんなものは現世での気休めみたいなものだ。

ちなみに、私の父親(既他界)も母親も大地獄へ落ちる事になる。

現世の前の前くらいかな。私の親は土砂崩れで生き埋めに遭っている。現世後からは親戚も含め、そのような人生に戻っているだろう。

私は、親や親戚やその他の人達も含めて、もう二度と助けない。

こいつらは「恩を仇で返す」という人達だからな。

そんな人達を助けるなんて、ホントありえないよ。

『唯一無二の神』の人生をマイナスにしたのは、さかのぼっていくと結局は日本の官僚が根源だということ。日本国をベースに話せばね。

許せない。どう考えても許せない。許せるわけがない。

詐欺師という悪にも絶対に屈さない。

それが「良心」というもの。

覚えておけよ。時間が経てば経つほど、現世後からの大地獄での酷さは更に増し拡大しているからな。

現世後に、何を訴えても、どう行動しても、どんな大勢の人数で誰と組んでも、絶対に助からないからな。

『唯一無二の神』にとって、邪魔になる存在は誰であろうと許さない。

カテゴリー: 2-朱雀 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です